「胸アツ!」の巻

新約聖書 ルカの福音書 24:13〜32
 

 最近、「胸アツ」になった出来事ってありますか?(胸が熱くなるって意味です)もちろん、テレビドラマや映画を見てそうなるのもいいんですが、やっぱり自分で実際に体験した方がいいですよね。ところで聖書の中で、イエス様の弟子達が思わず胸アツになった場面があるんですが、それはちょっと意外な場面だったんです。さて、それはどんな場面だったんでしょうか。
 イエス様が十字架にかけられて、死んでお墓に葬られる、というショッキングな事件が起きました。それはイエス様の弟子達にとってはまさに、絶望に陥るような出来事でした。しかしその後、また驚くような事が起こるんです。それは、イエス様が葬られたお墓が空になっていて、そこに現れた天使達が、イエス様はよみがえられたって言ったんです。そこで弟子達の間でもこの事で大騒ぎになったんです。
 ところがちょうどその頃、2人の別の弟子達が、エルサレムからエマオという村に向かって歩いていたんです。この人達の道中の話題はもっぱら、イエス様の事でした。ところがそこへ、ひとりの人が近づいて来て、一体何の話をしてるんですかって聞いて来たんですね。エルサレム中がこの話題でもちきりなのに、今頃何の話ですかなんて、なんとまあ世情にうとい人なんだろう、なんて思いながらも、イエス様の一件を説明してあげたんです。ところでネタバレしてしまうと、その近づいて来た人って言うのはイエス様なんだって聖書に書いてあるんですけど、なぜか2人は目がさえぎられていてそれが分からなかったんです。ところがイエス様はそんな2人に対して、聖書から解き明かして、ご自分が死んでまたよみがえる事を説明してあげたんですね。ようやく目的の村についた2人は、もっと話を聞きたかったので、その人に一緒に泊って下さる様に勧めたんです。その夜、食卓につかれたイエス様は、パンを裂いて2人に渡されたんですがその瞬間、それがイエス様だって分かったんです。そしてまた不思議な事に、イエス様だって分かった時、もうイエス様は見えなくなったんです。唖然とする2人だったんですが、ふとある事に気づきました。そしてこう言ったんです。「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」
 そうなんです。なんだか知らないけどイエス様と話している間、彼らは「胸アツ」になっていたんです。もちろん、話している相手がイエス様だと知らなかったのに、です。私達がイエス様の事を知る時、なぜだか胸の中が燃えるんです。それはそこに真理があり、そこに愛があり、そしてそこに希望があるからなんです。まだはっきりとイエス様の事が分からない時でさえ、イエス様は私達の心を燃やして下さるんです。じゃあ、もっとはっきりとイエス様の事を知ったら、どれだけ私達の心は燃えるでしょうか。そしてその熱くなった心は、今度は「イエス様の事をもっと人に伝えたい、イエス様にためにもっと何かしたい」って心になるんじゃないでしょうか。今もイエス様は、たとえ目に見えなくっても、私達の心に働きて下さっているはずです。そのイエス様によって私達も「胸アツ」にさせて頂きましょう!

もどる