「それあかんやつや」の巻

新約聖書 ルカの福音書 22:54〜62
 

 人として、それはやっぱりまずいなあ、やってはいけないなあ、って事がありますよね。でも人間って弱くて失敗もしますから、思わずそんな行動をとってしまう事もあります。そんな時、その人はどうしたらいいんでしょうか?
 ペテロっていう、イエス様の一番弟子とも言える人がいたんです。この人は、ちょっと自信過剰な所もあったのか、イエス様と一緒なら牢屋に入る事も、死ぬ事さえ、もう覚悟はできていますから、なんて豪語していたんです。しかも、他の弟子達が全員、イエス様の事を裏切ったとしても自分だけは絶対そんな事はしません、なんて事まで言うんですから、これはちょっと他の弟子達にとってはカチンとくる発言じゃないですか。そこで他の弟子達も、自分達だってそうするぞ、なんて言っていたんです。ところがとうとう運命の日がやって来てしまいました。ゲッセマネの園という所で祈っていたイエス様のところに、ユダヤ教の長老達から差し向けられた群衆がやって来て、イエス様を捕らえてしまうんです。そして人々は、イエス様を訴えるために、大祭司であったカヤパという人の所に連れて行くんです。その時、あれだけイエス様と一緒なら死んでもいい、なんて言っていた弟子達はみな、蜘蛛の子を散らすようにして逃げて行ってしまったんです。その中でペテロだけが、遠くから、そっとついて行って大祭司の家の庭にまで入り込んだんです。そしてイエス様の様子を見るために、何食わぬ顔で、そこでたき火にあたっていた人達にまじって座っていたんです。するとそこにいた女中のひとりがペテロをじっと見てこう言いました。「この人、あのイエスと一緒にいた人だよ!」それを聞いたペテロはなんて言ったと思います?「いえ、そんな人知りません!」しばらくして他の男の人がペテロを見てこう言いました。「おまえは、あのイエス達の仲間だ!」またしてもペテロはこう言いました。「いえ、違います!」そして今度はまた、別の男の人がペテロを見てこう言いました。「たしかにこいつはあのイエスと一緒だった!」ペテロはこう言いました。「ちょっとなに言ってるのか分からないんですけど」
 これって一番、やってはいけない事ですよね。あれだけイエス様のためには死んでもいい、なんて言っていたくせに、自己保身のために3度もイエス様を裏切ってしまうような発言をしたんですから。まさに「これあかんやつや」の3連発です。しかも悪い事に、そう言い切ったあと、何とイエス様と目があってしまったんです。さすがにペテロは、自分のした事に耐え切れずに、外に出て号泣です。この後イエス様は死刑判決を受け、十字架刑に処せられてしまうんですから、ペテロは生涯、この罪意識から逃れられないはずです。さあ、こんなペテロに再起のチャンスなんてあるんでしょうか?しかしそれがあったんですよ。十字架で息を引き取り、墓に葬られたイエス様は、なんと3日目によみがえり、再び弟子達の前に現れ、新たな使命を与えて天に帰って行かれたんですから、これはもう大逆転です。もちろんその中にはペテロもいました。復活のイエス様に出会い、過去の過ちを赦された弟子達は、今度こそイエス様を裏切ることなく、命をかけてイエス様のために働くようになったんです。どんな「あかん」事でも赦して再び用いて下さる、それがイエス様なんですよ!

もどる