「パリピ!?」の巻

新約聖書 ルカの福音書 15:11〜24
 

 パーティー好きな人っていますよね。とにかく、友達と遊んだり騒いだりする事が大好きな人達です。こういう人達の事を「パリピ」っていうのを知ってますか?つまり「パーティーピープル」を略してこう言うそうです。そして聖書の中のイエス様の例え話にも、このパーティー大好きな「パリピ」が登場するんですよ。その例え話っていうのはこんなお話なんです・・・
 ある所に、お父さんと、息子がいたんです。お父さんは大変裕福な人で、息子は毎日お父さんの手伝いをしていたらしいんですけど、まあこの息子、遊びたくって仕方がない。そこでとうとう、お父さんに、やがて相続するはずの財産の分け前を要求するんです。(いわゆる生前贈与ってやつですね)そこでお父さんは気前よく、自分の財産の半分をゆずってくれたんです。息子はそりゃもう喜んで、その全財産をもってさっさと遠い国へ旅立って行ってしまったんです。この息子、どうやら生来の「パリピ」だったようで、たちまち「湯水のように財産を使ってしまった」とありますから、すさまじい浪費家ぶりです。ところが悪い事は続くもので、この時この国に大ききんが起こり、食べる物が何にも無くなってしまったんですよ。この息子、一転してどん底生活です。何とかブタの世話をする仕事を見つけたんですが、それでもブタのえさでも横取りしたいぐらい食べる物がありません。そこで息子は、はたと我に返ってこう思うんです。「自分は一体何をしているんだ。お父さんの所には食べ物もたくさんあるじゃないか。そうだ、お父さんの所へ帰ってあやまろう。そして、もう息子としてではなく、使用人として使ってもらおう。」
 これって、一大決心ですよ。だって、息子でありながら自分の父親をご主人様と呼び、他の使用人達と同じような待遇で生活するわけですから、相当な屈辱です。でも息子は決心して家への道を歩き始めるんです。ところが家まではまだ随分遠いのに、お父さんは早速息子を見つけ、お父さんの方から走り寄って来てくれたんです。そして息子に、最上の服を着せ、くつをはかせ、指輪をはめさせたんです。これはつまり、再び息子として受け入れたって事ですね。
 さて、このお父さんというのは、父なる神様を現しています。そしてこの息子というのは、実は私達の姿なんですね。たとえどんなに私達が自分勝手に生きていても、心から悔い改めて神様のもとに戻るなら、神様は全てを赦して受け入れて下さるんです。それだけじゃなく、実は神様の方で、私達が帰って来るのを首を長くして待っていて下さるんですよ。
 ところでこのお父さん、息子を受け入れた後、どうしたと思います?聖書にはこう書いてあるんです。「『そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。』そして彼らは祝宴を始めた。」
 お父さんはうれしさのあまり、盛大なパーティーを始めたんですよ。結局、一番「パリピ」だったのは、このお父さんの方かも知れませんね!

もどる